子どもの免疫とワクチン

小さな子ども、特に生まれたばかりの赤ちゃんは免疫が十分に発達していないため、さまざまな感染症にかかる可能性があります。

子供の免疫とワクチンそうして感染していくことで、免疫をつけながら成長していきますが、なかには、麻しん(はしか)による肺炎のように症状が重くなると死にいたる可能性があるもの、ポリオによる麻痺やおたふくかぜによる難聴のように深刻な合併症や後遺症を引き起こすもの、結核のようにいったん発症してしまうと治療が難しくなるものなどがあります。

これらの感染症から子どもを守る方法として、予防接種がもっとも安全で確実な方法と考えられています。すべての感染症に予防接種があるわけではありませんが、「ワクチンで予防できる病気(Vaccine Preventable Diseases:VPD)」に対してはワクチン接種を行って、子どもを感染症から守るとともに、感染症の流行をおさえることが大切です。

ワクチン接種のタイミングに困ったときに0歳からの予防接種スケジュール表

このページの上へ