予防接種スケジュールの基本ルール

子どもを感染症から守るために、最適なタイミングで予防接種は受けたいものです。しかし、子どもに必要なワクチンはいろいろな種類があり、それぞれに適する接種時期や接種回数などもさまざま。地域によっても接種方法や流行している感染症が異なる場合もあるので、あらかじめかかりつけ医に相談し、しっかりとスケジュールを立てることが大切です。

子どもたちを守るためには、任意接種ワクチンも重要
日本の予防接種には、予防接種法で定められている「定期接種」と、それ以外の「任意接種」があります。定められている期間内であれば公費で接種できるのが定期接種ワクチンであるのに対し、任意接種ワクチンは基本的には全額自己負担であるのがその違いです。
だからといって、「定期接種ワクチンだけ受けていれば大丈夫」というわけではありません。任意接種のVPDにも、重い後遺症や死につながる危険性があるものも含まれています。子どもたちを感染症から守るためには、任意接種ワクチンも重要です。
同時接種とは?
乳幼児のあいだは、複数回の接種を必要とするワクチンが多いため、何度も通院しないといけなくなり、子どもにも保護者にも負担がかかります。
同時接種とは2種類以上の予防接種を同時に行うことで(混合ワクチンの単独接種は、同時接種には含まれません)、日本では「医師が特に必要と認めた場合に行うことができる」とされています。

詳しくは「KNOW VPD!」をご覧ください。

ワクチン接種のタイミングに困ったときに0歳からの予防接種スケジュール表

このページの上へ