【定期接種】4種混合(DPT-IPV)ワクチン

ワクチンタイプ
不活化ワクチン+トキソイド
予防する病気
ジフテリア(D)百日せき(P)破傷風(T)ポリオ(IPV) の4種類
接種時期と接種回数
標準的な接種スケジュールは、生後3か月から3~8週間あけて3回、3回目終了後、12か月~18か月あけて4回目を接種します。
接種が定められている年齢
※ 百日せきは、母親からもらう免疫力が十分でないと新生児でもかかる可能性があります。特に生後6か月以下の子どもでは重症化しやすい病気です。ですから、接種が可能となる生後3か月になったらなるべく早く予防接種を受けるようにしましょう。
副反応
注射をしたところが赤くなったり(発赤)腫れたり(腫脹)する場合がありますが、これらは3~4日でおさまります。しこりのように硬くなったり(硬結)する場合も、徐々に小さくなっていきます。腕全体が腫れるような場合は、病院で医師の診察を受けてください。

ワクチン接種のタイミングに困ったときに0歳からの予防接種スケジュール表

このページの上へ