【任意接種】ロタウイルスワクチン

ワクチンタイプ
生ワクチン(経口)
予防する病気
ロタウイルス感染症
接種時期と接種回数
現在、ロタウイルスワクチンには1価と5価の2種類があり、接種回数が異なります。
1価ロタウイルスワクチンは生後6週から接種でき、1回目の接種後、4週以上あけて生後24週までに2回目を接種します。
5価ロタウイルスワクチンは生後6週から接種でき、1回目の接種後、それぞれ4週以上あけて生後32週までに2回目、3回目を接種します。
接種の間隔
※ ロタウイルスワクチンは接種できる期間が短いので、早めにかかりつけ医と相談して接種スケジュールを立てておきましょう。ロタウイルスワクチンの初回接種は生後14週6日まで(15週未満)に行うことが推奨されています。
副反応
腸重積症という副反応がおこることがありますので、血便や嘔吐、腹痛などの疑わしい症状がみられた場合は、病院で医師の診察を受けてください。

ワクチン接種のタイミングに困ったときに0歳からの予防接種スケジュール表

このページの上へ