風しん

どんな病気?
風しんは、風しんウイルスを口や鼻などから吸い込むことで感染する病気で、春から初夏にかけて流行していました。感染力は麻しん(はしか)や水痘(みずぼうそう)ほどは強くありませんが、インフルエンザよりも強いといわれています。ただし、風しんにかかっても症状が出ない人が15~30%程度いることがわかっています。
症状は?
風しんにかかると、2~3週間ほど経ったのちに熱がでたり、全身の皮膚に赤い発しんがでたりします。普通は3日ほどでおさまりますが、まれに脳炎などの重い合併症をおこすことがあります。
また、大人になって風しんにかかると、子どものときよりも症状が重くなることが多いとされています。
さらに、免疫のない女性が妊娠初期に風しんにかかると、からだが小さい、耳が聞こえない、目が見えない、生まれつき心臓に穴がある、発達が遅れるなどの症状をしめす「先天性風しん症候群 (CRS)」の子どもが生まれてくることがあります。
予防は?
風しんは非常にうつりやすい病気なので、手洗いやマスクだけでは予防できません。ですから、ワクチンで予防します。麻しんと同様、ワクチン接種を2回受けて確実に予防します。近年では、大人が風しんにかかる割合が増えているので、妊娠している人や妊娠の可能性がある人が近くにいる場合、免疫のない大人はワクチン接種を受けておく必要があります。
対象ワクチン
MRワクチン(麻しん・風しん混合ワクチン)

ワクチン接種のタイミングに困ったときに0歳からの予防接種スケジュール表

このページの上へ