インフルエンザ

どんな病気?
インフルエンザは、インフルエンザウイルスの感染によっておこる病気です。症状が軽い場合には風邪と区別がつきにくいのですが、一般に風邪にくらべるとインフルエンザの症状は重く、特に子どもや高齢者は重症化しやすいとされています。
症状は?
インフルエンザにかかると、1~5日経ったのち、38度以上の高熱がでて、のどの痛みに加え、全身のだるさや関節の痛み、頭痛などの全身の症状をともないます。流行する時期(日本では11月~3月)にこれらの症状があった場合は、インフルエンザの可能性が高いと考えられます。症状が続くのは2~3日程度ですが、場合によっては5日を超えることもあります。また、子どもや高齢者、呼吸器系や心臓などに持病をもっている人がインフルエンザにかかると、肺炎や脳症などの重症の合併症をおこす場合があります。
予防は?
インフルエンザを予防するには、流行前にワクチンを接種することが重要です。インフルエンザワクチンには、ウイルスに感染しても発病しないように、発病しても重症化しないようにする目的があります。流行期には加湿器などで湿度を保ち、外に出るときにはマスクをつけ、外出後にはうがい・手洗いをするなどを心がけると良いでしょう。
対象ワクチン
インフルエンザワクチン

ワクチン接種のタイミングに困ったときに0歳からの予防接種スケジュール表

このページの上へ