B型肝炎

どんな病気?
B型肝炎は、血液や唾液、汗、涙などを介してB型肝炎ウイルスに感染しておこる病気です。B型肝炎ウイルスの主な感染様式は、B型肝炎をもったお母さんから分娩のときに赤ちゃんにうつる「母子垂直感染」と、それ以外のまわりの人との接触でうつる「水平感染」ですが、原因不明のことも多く、誰でもかかる可能性のある病気です。
症状は?
肝炎になると疲れやすくなり、黄疸(おうだん)がでます。ただし症状が軽いことも多く、かかっていることに気づかないままキャリア化するケースもあります。特に、3歳以下で感染すると高い確率でキャリア化するといわれており、後に慢性肝炎から肝硬変や肝臓がんへと進行する可能性があります。また、無症状の場合でも肝臓にウイルスは住みついている状態のため、大人になってから重症化することもあります。
予防は?
B型肝炎はワクチンで予防します。B型肝炎をもっているお母さんから生まれた赤ちゃんには、母子感染予防のため、HB免疫グロブリンの注射とB型肝炎ワクチン接種による感染予防が行われています(保険適応)。それ以外の赤ちゃんには、水平感染予防のためのワクチン接種がすすめられます。※
※ 2016年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期接種となりました。(対象者:2016年4月1日以降に生まれた1歳までのお子さん)
対象ワクチン
B型肝炎ワクチン

ワクチン接種のタイミングに困ったときに0歳からの予防接種スケジュール表

このページの上へ