水痘(みずぼうそう)

どんな病気?
水痘とは、いわゆる「みずぼうそう」のことで、水痘帯状疱疹ウイルスの感染によっておこる病気です。非常にうつりやすく、多くの場合はそれほど重い症状にはなりませんが、ときに重症化し、死亡することもあります。最近の統計によれば、日本では毎年100万人くらいが水痘にかかり、10人以上が死亡しています。水痘ワクチンは2014年10月1日より定期接種となりました。
症状は?
水痘にかかると、2~3週間で熱がでて、からだに虫さされのような赤い斑点(紅斑)がでます。それが全身に広がり、かゆみをともなう水ぶくれ(水疱)になります。その後、数日で黒いかさぶた(痂皮)となっておさまります。
水痘には脳炎や肺炎、皮膚の重い細菌感染症(蜂窩織炎・ほうかしきえん)など多くの合併症があります。皮膚感染症は、特に1歳前やアトピー性皮膚炎などの皮膚に病気のある場合に重症になりやすいといわれています。また、大人になってからかかる場合もあり、その際も重症化するリスクが高いといわれています。
予防は?
水痘はワクチンで予防します。水痘ワクチンの1回の接種により、重症の水痘をほぼ100%予防でき、2回の接種により軽症の水痘も含めてその発症を予防できるといわれています。そのため、定期接種ではワクチンを2回接種します。
対象ワクチン
水痘(みずぼうそう)ワクチン

ワクチン接種のタイミングに困ったときに0歳からの予防接種スケジュール表

このページの上へ