子供がかかりやすい感染症、ロタ、ノロって何? 症状は?

子供がかかりやすい感染症、ロタ、ノロって何? 症状は?
2017.05.15 子どもの病気

監修:福島県立医科大学 小児科学講座 教授 細矢 光亮 先生

ロタウイルスやノロウイルスによる胃腸炎は、冬~春にかけて感染が拡大しやすい傾向にあり、子ども~大人までかかります。特に乳幼児が感染すると重症化しやすい上、集団生活を送っている保育園や幼稚園では1人がかかると途端に広まることもあり、注意が必要です。そんなロタやノロといったウイルス感染症について、子ども特有の症状や注意点を中心にまとめます。

この記事のポイント

  • ロタウイルスとノロウイルスはどちらも胃腸炎を引き起こすウイルス
  • ロタウイルスはワクチンで予防できるが、ノロウイルスにワクチンはない
  • いずれも冬場が流行のピーク。感染したら脱水症状に気をつけて

ロタウイルスとノロウイルスの違いとは

冬場に流行する病気の代表的なものと言えばインフルエンザですが、ほぼ同時期にウイルス性の胃腸炎も流行します。ノロウイルス、ロタウイルスという名前を聞いたことがある人もいるでしょう。どちらも寒い時期に流行し、胃腸炎を引き起こすウイルスです。そのため混同しやすいのですが、もちろん違いがあります。

まずは流行の時期。ノロウイルスのピークは晩秋~初冬にかけてですが、ロタウイルスはそれよりやや遅れた、冬の終わり~春先にかけてが流行期です。

また、現在はノロウイルスによる感染を予防するワクチンはありませんが、ロタウイルスはワクチンによる予防が可能です。症状についても、以下のような違いがあります。

ロタウイルス感染症の症状、感染経路

ロタウイルスの主な症状は下痢、嘔吐、発熱の3つです。乳幼児期の子どもが特にかかりやすく、2歳までに発症すると重症化しやすいといわれています。

ロタウイルスは感染者の便に多量に含まれていて、そこから感染が拡大していきます。例えば、ロタウイルスに感染した子どものおむつを替えた後、手をよく洗わないうちにどこかに触れてしまうことで感染が広がることがあります。発熱は1日ほどでおさまることが多いですが、下痢や嘔吐は数日間続きます。なお、ロタウイルスは発症後、少なくとも10日間は便の中に含まれており、おむつ替えや洗濯の際には注意が必要です。

ノロウイルス感染症の症状、感染経路

ノロウイルス感染症は、突然の嘔吐で始まるケースが多く見られます。激しい吐き気、そして下痢に襲われ、発熱を伴うこともあります。ロタウイルス感染症とよく似た症状です。感染者の吐瀉物(としゃぶつ)そのものが感染経路となることが多く、吐瀉物との接触があったり、不適切な処理によりその場から舞い上がったウイルスを吸引したりすることが、感染拡大につながります。

また、ノロウイルスは潜伏期間が短いことも特徴の一つで、感染後24時間~48時間で発症します。

対処法と注意点は

いずれも感染が拡大しやすいので、まずはそれを防ぐことが重要です。家庭内や身近な人に感染者が出たら、こまめな手洗いを励行し、ウイルスが体内に入るのを予防します。吐瀉物や便からの感染が多いので、処理をする際は使い捨ての手袋をするなどして、直接触れるのを避けましょう。さらに吐瀉物や便の付いた服などは塩素系消毒剤(漂白剤等)で滅菌してから洗濯し、床などは塩素系消毒剤で拭き取ってください。

また、ロタ、ノロいずれのウイルスに感染した場合でも、感染者は脱水症状を起こしやすくなります。経口補水液やイオン飲料などで適切な水分補給を心掛けましょう。

このページの上へ