予防接種後の発熱、受診の目安は?

予防接種後の発熱、受診の目安は?
2017.04.10 予防接種

監修:福島県立医科大学 小児科学講座 教授 細矢 光亮 先生

予防接種の後、発熱の副反応が出ることもあります。月齢の小さな赤ちゃんによく見られるという発熱の副反応ですが、どれくらいの高熱が出た場合、病院を受診すればよいのでしょう? 予防接種後の発熱にあわてないよう、対応策をまとめました。

この記事のポイント

  • 小さな子どもの場合、副反応で38度~39度の高熱が出ることも
  • 体の自然な反応なので、できるだけ解熱剤は使わずに
  • 熱性けいれんが起こる、高熱が3日以上続くといった症状があれば病院を受診して

予防接種で副反応が起こる理由

予防接種を受けるまでは元気だったのに、接種した翌日、熱が出てしまった…という経験のある人は少なからずいます。それが赤ちゃんや小さな子どもなら、なおさら心配になります。こうした症状は予防接種の副反応(または副作用)と考えられます。

予防接種後に副反応が起こるのは、ワクチンに含まれる細菌やウイルスあるいはその他の成分に体が反応するか、弱められた細菌やウイルスが増えたのに対し体が対応するからです。ワクチンを接種することで、一時的ですが病気に感染したような状態になり、それをやっつけようと体の免疫機能が働くため、発熱などの症状が現れるのです。

副反応の中には重とくな症状のものもありますが、軽い発熱や注射した部位の腫れなどであれば、体の正常な反応の範囲内ですので、問題ないと捉えてよいでしょう。

予防接種後の発熱、受診の目安は?

問題ないとは言え、実際に予防接種後、子どもに発熱があると心配してしまいますし、症状の度合いによっては病院を受診したほうがよい場合もあります。予防接種後の発熱で、病院を受診するかどうかが悩ましいときは、以下の目安に当てはまるかどうかをチェックしましょう。

  • 予防接種を受けてから24時間以内に発熱がある
  • 発熱があっても、意識がしっかりしている
  • 熱以外の症状(鼻水やせき、嘔吐、下痢など)が見られない
  • 1日~2日程度で熱が下がった

症状が上記に当てはまる場合、受診をせず、様子を見ていても問題ないでしょう。また、副反応による発熱は、体の自然な反応です。無理に下げようとして解熱剤を使うことは、しなくてよいでしょう。

親からみて「おかしいな」と思ったら受診を

人によっては「37.5度以上の熱が出たら受診を」と言われることもありますが、赤ちゃんや小さな子どもはワクチンの副反応で38度以上の高熱が出るケースも少なくありません。体温計の数字に左右されず、全身の様子を見て判断するのがよいでしょう。

ただし、熱性けいれんが見られたり、ぐったりしていたり、高熱が長引いたり、「いつもと違う。おかしいな」と思うようなことがあれば、すぐに受診しましょう。

このページの上へ