インフルエンザウイルスの感染経路

インフルエンザは、咳やくしゃみをしたときに出る、インフルエンザウイルスを含んだ粒子(飛沫)を介してヒトからヒトへと感染します。これを「飛沫感染」といいます。

また、飛沫から水分が蒸発すると粒子が軽くなるため、長時間空中を浮遊するようになります。この軽くなった粒子のことを飛沫核といい、空気中の飛沫核を吸い込んで感染することを「空気感染」といいます。飛沫は通常の市販のマスクでもある程度防ぐことはできますが、飛沫核はとても小さい粒子であるため、一般的なマスクを通り抜けてしまいます(インフルエンザウイルスの感染の多くは飛沫感染です)。

さらに、インフルエンザウイルスがついているタオルや容器などを触ることで、手にウイルスがうつり、さらにそのウイルスが口や鼻などを介して感染するといった「接触感染」もありえます。

感染経路

このページの上へ