日常でできるインフルエンザ予防

インフルエンザにかからないために、日常でできるインフルエンザ予防を実践しましょう。

流行前には…
  • インフルエンザワクチンを接種
    医学的な予防の基本は、流行前にワクチンを接種することです。
流行したら…
  • 人ごみや繁華街への外出をひかえる
    インフルエンザは人と人との接触によってうつる感染症なので、うつらないためには人との接触機会を減らすことが有効です。
  • 外出時にはマスクをつける
    マスクをつけることで、飛沫感染をある程度ふせぐことができます。
  • 室内は加湿器などで適度な湿度を保つ
    空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなります。加湿器などを使って適度な湿度(50~60%)を保つようにしましょう。
  • バランスの良い食事と、じゅうぶんな休養をとる
    体力や抵抗力が落ちるとインフルエンザにかかりやすくなります。日ごろからバランスの良い食事とじゅうぶんな休養をとり、体力や抵抗力を高めるようにしましょう。
  • うがい、手洗いをきちんと行なう
    手やのどの粘膜にインフルエンザウイルスが付着している可能性があるため、帰宅したらすぐにうがい、手洗いをするように心がけましょう。
  • 咳エチケットを心がける
    インフルエンザにかかって咳などの症状がある人は特に、まわりの人へうつさないためにマスクをつけましょう(咳エチケット)。
咳エチケット
このページの上へ