子どもの出席停止期間の考え方

インフルエンザにかかったときは、学校保健安全法施行規則によって「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」学校や幼稚園を休むことが定められています。

ここでいう「発症」とは、発熱の症状が現れたことを指します。日数の数える際は、発症した日(発熱が始まった日)は含まず、翌日を第1日とします。数え年と同じ考え方です。

小学生以上の場合=発症後5日を経過、かつ、解熱後2日を経過
小学生以上の場合=発症後5日を経過、かつ、解熱後2日を経過
幼児以下の場合=発症後5日を経過、かつ、解熱後3日を経過(小学生以上に比べて、長くウイルスを排泄するため)
幼児以下の場合=発症後5日を経過、かつ、解熱後3日を経過
このページの上へ