ワクチンとは

人のからだは、ウイルスや細菌などの異物(敵)が入ってくると、それを取り除くために、リンパ球や白血球が働きはじめます。そして、敵との戦いに勝つとリンパ球はその「敵」を記憶し、また、血液のなかには敵と戦ったたんぱく質「抗体」が残ります。すると、つぎに同じ敵が入ってきたときに、敵をすでに知っている抗体やリンパ球がただちに働き、からだのなかで敵が増えるのをおさえるようになります。これを「免疫」とよびます。この原理を応用して、異物(=病原体)の毒性を弱めたり、無毒化して人に刺激を与え、免疫を作り出すものがワクチンです。

ワクチンとは

免疫とは?
人のからだは、からだの成分と異なるもの(異物)が入ってくると、これを排除しようとします。そして、からだはその異物に出会ったことを覚え、再び同じものが入ってくると、すぐにこれを排除しようとします。この働きのことを免疫といいます。
そのため、多くの感染症は一度かかると二度とかからなくなったり、二度目以降は軽くてすむようになりますが、なかには繰り返して発病するものもあります。
抗体とは?
からだのなかに入ってきた異物に抵抗するために、リンパ球の一種が作るたんぱく質のことを抗体といいます。
異物のなかの成分の一部(抗原)に対して抗体は作られ、その抗原と抗体がくっつくことで、異物がからだのなかで増えるのをおさえます。一度抗体ができると、つぎに同じ異物が入ってきたときは、より素早く、たくさんの抗体が作られるようになります。
このページの上へ