ワクチンの種類

ワクチンはその性質や状態により、「生ワクチン」、「不活化ワクチン」、「トキソイド」の3 つに分けられます。

生ワクチンとは?
生ワクチンは、病原性をかぎりなく弱くした病原体(ウイルスや細菌)をそのまま使い、それらがからだのなかで増えていくことで免疫力をつけます。つまり、自然感染に近い状態で免疫がつけられるので、免疫の力も強く、効果が長くつづくといわれています。
不活化ワクチンとは?
不活化ワクチンは、培養して増やした病原体を加熱やホルマリンなどで処理して、その病原性をなくしたものです。ワクチンによっては、さらにそのなかから有効成分だけを取り出したようなものもあります。しかし、生ワクチンに比べると免疫のできかたは弱いので、免疫を高めるために数回の接種を行なったり、免疫に刺激を与えるために再度の接種が必要になります。
トキソイドとは?
トキソイドは、強い毒素を出す細菌の毒素だけを取り出して無毒化し、免疫をつくる能力は残したままワクチンにしたものです。不活化ワクチンと同様に、複数回の接種や、再度の接種が必要になったりします。
ワクチンの種類と防げる病気
種類 由来 ワクチンで防げる病気
生ワクチン ウイルス 麻しん(はしか)、風しん、水痘(みずぼうそう)、
ロタウイルス感染症、おたふくかぜなど
細菌 結核(BCG)
不活化ワクチン ウイルス ポリオ、日本脳炎、インフルエンザ、B型肝炎、狂犬病など
細菌 ヒブ(Hib)感染症、肺炎球菌感染症、百日せきなど
トキソイド 毒素 ジフテリア、破傷風
注射ワクチンと経口ワクチン
ワクチンには、注射による接種と、口から飲む接種(経口接種)、皮膚にスタンプのように押し付けるものなどがあります。ワクチンの種類によって接種の方法が決められています。
このページの上へ