万が一健康を損ねたら

予防接種を受けた後に、からだに異常がでた場合は、かならず医師に相談しましょう。定期接種によって万が一健康を損ねた場合、予防接種法にもとづいて医療費などが支払われる「予防接種健康被害救済制度」というものがあります。任意接種の場合には、べつの制度による救済制度があります。
※ ただし、国内未承認のワクチンで健康被害が起きた場合には適応されません。

定期接種についての詳細は、厚生労働省HP「予防接種健康被害救済制度」をご覧ください。

任意接種についての詳細は、PMDA(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構)HP「医薬品副作用被害救済制度」をご覧ください。

このページの上へ